同窓会より

学校ホームページも充実してきましたので、
同窓会からのお知らせのページも追加しました。
 

同窓会より

同窓会日誌
2013/11/12

同窓会の皆さんへ

Tweet ThisSend to Facebook | by 教頭

同窓生の皆さんへ

 

 平成25年9月28日(土)同窓会の総会が、岩槻北陵高校の大会議室で開かれました。その場で審議された内容については、以下に掲載するとおりですが、そこで同窓会のホームページを岩槻北陵高校のホームページにあわせて掲示していただくことになりました。

 今後同窓会の活動について、この場を通じて発信していくことになります。少しでも母校を応援し盛り立てていきたいと考えていますので、御協力をよろしくお願いいたします。

                     岩槻北陵高等学校同窓会長

 

 

平成25年度 埼玉県立岩槻北陵高等学校同窓会総会議事録

               平成25年9月28日(土)午前10時から

司会進行  佐藤(本校渉外担当)

 

1 開  会  (黒岩副会長)

 

2 会長あいさつ  (真中会長)

会長あいさつ後、出席者全員自己紹介(学校関係者も含む)

 

3 校長あいさつ

 

4 同窓会活動状況について  (黒岩副会長)

  ・同窓会は第1回卒業生から存在していた。

  ・同窓会は、卒業時に各クラスから選出された2名の幹事と学年代表理事  (会則で要確認)から組織されている。役員を除く出席者は幹事として記録が残っていたので通知した。

・第1回卒業生から同窓会という組織はあったものの活動は行っていなかったと聞いている。創立20周年を迎える1~2年前、学校側から役員ではなかった黒岩副会長をはじめ連絡が取れる卒業生数人と名簿が残っていた幹事が集められ、同窓会にも学校創立記念事業に協力してほしいと声がかかり協力した。しかし、記念事業が終わると同窓会の動きは数年間止まった。しかし同窓会担当の先生が積極的に声をかけてくださり、創立30周年を迎える数年前に、2代目会長に真中会長が就任し、会長を中心に13名役員が細々活動していた。

  ・真中会長が就任してからの同窓会活動状況は、年1回の総会、会則の一部改正の協議、卒業式前日の入会説明会と記念品の贈呈式(卒業証書ケース)、卒業式への列席、30周年事業への協力(式典参加と教室のカギ付きロッカーの購入補助)などがあった。

  ・総会時に真中会長以下出席者で通帳による会費の収支は確認していた。収入は、卒業時に納付してもらう同窓会費のみ。支出は、卒業記念品(卒業証書ケース)と総会案内の通信費がメイン。数年に1度学校事業への協力で補助を出している。

  ・今年の総会は、次の議案にある「会議室への空調設備の設置について」であり、幅広い各年代の卒業生からこの事業への協力について意見を聞き協議をしてほしいということと、同窓会活動を活性化させるために皆さんに集まっていただいた。

  

上記の同窓会活動状況説明について、質問はなし。

今後の活動については、「6 その他」の中で意見交換を行う。

 

 

5 議  案  (議事進行 黒岩副会長)

  

(1)第1号議案「会議室への空調設備設置について」

ア 同窓会会長より趣旨説明

 

イ 事務局(事務長)より補足説明

 

ウ 質 疑

   Q1 そもそも会議室に空調設備を設置する必要性があるのか?

   A1 昨今の異常気象による猛暑のため、さいたま市内の小中学校では 冷房設備が完備されており、市内から入学した生徒は、真夏の40度近い教室での授業に集中できていない。また、現在多くの県立高校でPTAの負担により、空調設備が設置されている。本来であれば教室への設置を検討したいところだが、中途退学者が多いこと、経済的に厳しい家庭が多いことなどの理由から、保護者負担での設置は難しい状況にある。そこで、同窓会として何か学校のためにできないかという趣旨から会議室への空調設置を提案するものである。会議室は授業、補習、進路相談などにも利用されており、空調設置後はより一層様々な用途に使用され、母校の発展に大いに役立つと思われる。

 

   Q2 室内機は2台必要か?

   A2 専門の業者に確認してもらったところ、会議室の面積に対して、冷房効率や電気代などを考慮して最も適当な台数が2台であった。

 

(2)第2号議案「埼玉県立岩槻北陵高等学校同窓会空調設備規約」

    質問なし。

 

 

 第1号議案及び第2号議案について、賛成の承認を得る。

 

 

6 その他

  ・同窓会に関する意見交換

  ・どうすれば同窓会活動が活性化するか。同窓会のPRについて。

学校のホームページに同窓会のコーナーを設けていただけないか。学校側もその方向で進めていきたいと回答。

  ・具体的にやってみたい活動やアイデアをフリートークで話す。

 

7 閉  会 (黒岩副会長)



17:38